はじめに

私たちは教科書で、原始共産制から古代奴隷制、中世封建制、そして資本主義へと移り変わったと教えられた。また、搾取する側とされる側の分けられた対立軸があり、時代とともに発展していったとされている。はたして本当にそうなのか。諏訪の地では一揆のようなことは起こっておらず、領主と領民が御柱をはじめとして、多種多様なことを話し合って物事を決めていたようである。また、縄文土器や土偶の造形美のすばらしさをはじめ、各地の神社や仏閣を見れば、卓越した技術が垣間見られる。過去の連続性が現在ならば、固定観念を取り外し、今一度、周りを見直してみれば違った価値観に出会うことであろう。

本州最大の黒曜石の産地(旧石器時代)

黒曜石とは、金属のなかった旧石器時代から縄文時代にかけて、ナイフや鏃(やじり)、槍の穂先など鋭利な刃物などの石器として使われた素材である。外見は黒くガラスによく似て性質持っていて、割ると鋭い破断面になるのが特徴である。

 

尖石考古館展示の土偶の破片

 

和田峠から霧ヶ峰にかけて、本州で最も良質な黒曜石の大産地があり、数万年前の旧石器時代の諏訪の人々は黒曜石の鉱山を開発し、本州の広い範囲に広めている。縄文中期には、三内丸山遺跡や大阪の遺跡でも和田峠産の黒曜石が発見されている。縄文後期には、東日本全域に大量に流通した黒曜石の大部分を占めたようである。

 

諏訪地域は黒曜石の物流が盛んになることで、各地との交流が盛んになり、情報と技術が集まる交流の要所だったのではないだろうか。

縄文文化の中心地 (縄文時代)

サイトマップ Copyright © 2020 諏訪地域の魅力を探る。まほろば諏訪圏 All Rights Reserved.